こどもの本

私の新刊
『ミーちゃんとロン』 阿部 肇

(月刊「こどもの本」2020年6月号より)
阿部 肇さん

やさしい気持ちになれました

 まず最初に、写真を見て(あれっ?)と思われた方がいらっしゃると思います。この写真は、今回の絵本のモデルになった女の子が、ママのスマホで、いたずらアプリを使って撮ってくれた写真です。僕は大の写真嫌いで、手元には一枚も写真がありません。この写真は、今回のモデルが撮ってくれたので、僕のスマホに保存しておいたものです。

 写真を載せるなんて聞いていなかったので、気軽に引き受けたのですが、送られて来た見本の冊子を見て(えっ!)と思いましたが、この写真なら、この本の紹介にピッタリかなと思い、やむなく使用しました。

 絵本のモデルは、僕の(社会通念上の続柄つづきがら)孫になります。そうなると、僕はおじいちゃんということになり、とてもテンションが下がりますが。

 今回は、その子のおもちゃを直してあげたことがきっかけで「おもちゃのおいしゃさん」というタイトルで、かきはじめました。でも、かいていくうちに、どんどん子供の無邪気さ、純粋さ、無条件の可愛らしさ(※孫だからではなく)にふれ、とても楽しく仕事ができました。

 ただ、今までの僕の仕事のスタイルとは違っていましたので、少しとまどいがありました。僕は、絵本作家になるきっかけが『おおきな木』という絵本だったので、今まではメッセージ性の強い本を多くかいてきました。

 本は、僕のものではなく、読者のものなので、こんなことは考えなくてもいいのですが、僕の中で、今回の本がどういう立ち位置にいるのか、正直分からないでいます。今までは、メッセージを伝えたいとか、いい絵をみせたいなど、求めるものがあったのですが、この本は、僕の頭の中にはっきりとしたものがありません。

 ただ、この絵本を見ていると自分自身でも、やさしくなれるような気がします。今は、漠然と、こんな感じでいいのかなー、と思っていますが。

 読者が、どんなふうに見てくれるのか楽しみです。

(あべ・はじめ)●既刊に『クリスマスのよるに』『わるいわるい王さまとふしぎの木』『いっしょがいいよね』など。

『ミーちゃんとロン』"
BL出版
『ミーちゃんとロン』
あべはじめ・作
本体1,300円