こどもの本

私の新刊
『うえきはちまる』 山本和子

(月刊「こどもの本」2020年4月号より)
山本和子さん

どっこい! 鉢植えならではの活躍

 花屋さんでつい鉢植えを買ってきてしまって、ごめんね、と思うことがあります。鉢植えの植物には、その鉢の中いっぱい分の土しかあげられないのです。窮屈ではないかな? 地面ならもっと伸びられるのに。私の住んでいる街は、古くからの下町で、路地のあちこちに鉢植えが並んでいます。その鉢植えたちに、いつもちょっと同情していました。

 ところが共著者のあさいかなえさんに、個性豊かな鉢植えキャラクターのスケッチを見せていただいたとき、なんとも愉快な思いが湧き上がってきました。そうです、どっこい、街の鉢植えたちはまわりと比べたりせずに、元気に生きていることに気がつきました。

 そこから、二人でどんどんアイデアを出し合って、お話を作っていきました。その中で、主人公のうえきはちまるはじめ、老練なはちじいや、しっかり者で優しいうめはちちゃん、応援専門のはちパンチョなどが生まれました。動き始めたはちまるたちは、なんと街の中の鉢植えたちが困っていないかを見回る、パトロールを始めたのです。

 はちまるたちは、人間のお世話を受けて生きてはいますが、人間とコミュニケーションをとることはありません。動ける距離も時間も少なくて、できる手助けも限られています。この植木鉢であるための制約の中で、はちまるたちは、のびのびと活躍してくれました。考えたら植木鉢にとってはそれが当たり前の世界。人間の価値観や視点がすべてだと、自分も日頃思っていたのですね。

 そしてあさいかなえさんの絵によって、はちまるたちのパトロールについていくと、鉢植え目線での街のいろいろな風景、そこに生活する人、動物、ものなどに、自然に出会うことができます。この絵本には、今消えていきつつある「商店街」の魅力を伝えたいとの思いも、背景としてありました。

 この絵本を読んで、街の鉢植えに目を向け、鉢植えにも心意気があり、こっそり活動しているのかもと、想像していただけたら幸いです。

(やまもと・かずこ)●既刊に『おやつなんだろう?』など、既訳書にM・ウォルシュ『ちきゅうのためにできる10のこと』など。

『うえきはちまる』"
ひさかたチャイルド
『うえきはちまる』
山本和子、あさいかなえ・作/あさいかなえ・絵
本体1,200円