こどもの本

私の新刊
『あらいぐまのせんたくもの』 大久保雨咲

(月刊「こどもの本」2020年1月号より)
大久保雨咲さん

一枚のハンカチ

 毎日、楽しいことばかりだといいのになぁ。どうして、こんな嫌な思いをしなくちゃならないんだろう。こどものころ、よくそんなふうに思っていました。でも、日々、暮らしていると、楽しいことばかりじゃない。どうしたって、悲しいこととか、辛いことも起こってしまいます。

『あらいぐまのせんたくもの』は、コインランドリーをはじめて使うおばあさんと、悲しい気持ちをかかえたあらいぐまが、洗濯をするお話です。泣き虫のあらいぐまは、悲しいときにハンカチで涙をふいていたら、「かなシミ」というシミが消えなくなってしまった、と言います。そして、洗濯機であらえば、「かなシミ」も「悲しみ」も消えると思っているようですが……。

 もし私たちの気持ちが一枚のハンカチだったとしたら、一生を終えるときに、どんな模様になっているのでしょう。このお話を書きながら、そんなことを考えていました。あんなに辛かったのに、いつのまにか消えてしまったシミや、どれだけ時間がたっても消えない深い「かなシミ」もあるかもしれません。シミどころじゃなくて、やぶれてしまっていたらどうしよう。

 あらいぐまは、おばあさんに話をきいてもらいながら、いろいろと想像してみます。悲しみのこと、けんかをしてしまった友達のこと、それから、これから起こるかもしれないちょっとだけ先の未来のことを。

 悲しみを癒やす方法なんて分からないし、ましてや時間がたてば解決するなんて簡単には言えません。でも、私たちのハンカチが、いろんな感情の色を吸って、最後に味わい深い一枚のハンカチになっていればいいな。そんな願いをこめて、このお話を書きました。

 もう悲しくってしょんぼりなあらいぐまを、相野谷由起さんがとても愛らしく描いてくださっています。さて、あらいぐまとおばあさんは、ちゃんと洗濯ができるのでしょうか。見とどけていただけたらうれしいです。

(おおくぼ・うさぎ)●既刊に『うっかりの玉』『ドアのノブさん』『ずっとまっていると』。

『あらいぐまのせんたくもの』"
童心社
『あらいぐまのせんたくもの』
大久保雨咲・作/相野谷由起・絵
本体1,100円