こどもの本

我が社の売れ筋 ヒットのひみつ12
『わすれもの』 『おどりたいの』 BL出版

(月刊「こどもの本」2019年11月号より)

新人作家、豊福まきこさんの絵本…満を持して

豊福まきこ 作
2017年3月/2018年9月刊行

 夜のベンチにひつじのぬいぐるみが一匹、寂しそうに座っています。豊福まきこさんのデビュー作『わすれもの』です。豊福さんとの出会いは、小淵沢の「えほん村」を主宰している松村さんから「チャレンジ絵本作家さん」へ誘われた時でした。松村さんから豊福さんを紹介され、素敵な絵を描く方だなと…。その後2年が経ち、毎回別なお話を創ってくる豊福さんに「昨年の作品はどうしたの?」と尋ねると「興味を持たれなかったのかなと、思って違うお話を考えて…」。「今度はちゃんと、絵本を創りましょう」と! そして、『わすれもの』のラフを見せてもらい、直感で感じるものがあり豊福さんとのやりとりが始まりました。最初は文章が長かったので、絵で伝えられる文章はへらしました。ラフを6回ほど描き直してもらい、2017年3月に出版された『わすれもの』は、読者の心に響く素敵な絵本になりました。切なくて温かい「わすれもの」の気持ちを描いた絵本です。読者から「久しぶりに絵本の表紙にひかれました。少し疲れていた心に、絵と言葉がしみこみました…」「ひつじの気持ちが伝わり、とてもほっこりしました」などのお便りをもらいました。

 出版と同時に豊福さんは、オリジナルのひつじのぬいぐるみを作ってくれました。ぬいぐるみは、社内での研修(!?)を終え、何体かは全国の書店さんで営業をしてくれています。そんな作者のひた向きさがこの絵本にも溢れています。『わすれもの』は、現在8刷の版を重ねています。

 豊福さんの2作目になる『おどりたいの』のラフを受け取った時は感動ものでした。別に私がバレエを踊るわけではないのですが、健気に踊る子うさぎたちの姿にこころを奪われました。もちろん、出版することを即答!

 そして、2018年3月に原画が届き、会議室のテーブルに並べて編集、営業と全員で豊福さんの繊細な絵に見惚れてしまいました。

 6月には出版が可能でしたが、梅雨の時期や暑い夏ではなく営業と調整して9月発売に決めました。そうすることで、刊行前の書店さんへの売り込み期間を長くし、『わすれもの』が売れていた書店さんに販促する機会を多くしました。パネル展が可能であれば展示のお願いもしました。そして、満を持しての発売。ひと月後には重版が決定しました。

 また、イタリア・ボローニャブックフェアでも紹介し、バレエの本場の国ロシアや、アメリカの出版社からも注目され契約を進めています。現在6刷の版を重ねており、『おどりたいの』は、10月から特別に「クリスマス限定スペシャルジャケット」でお目見えします。

(BL出版 落合直也)