こどもの本

私の新刊
『おならひめ』 有田奈央

(月刊「こどもの本」2019年9月号より)
有田奈央さん

おならをして幸せ

 私の中でお姫様といえば、美しく、上品で聡明で、きらびやかなイメージがあります。

 でも、そんなイメージを覆すような、何だか愉快なお姫様がいたら面白いのではないか。そう考えたときに思い浮かんだのが「おならひめ」というタイトルだったのです。

 主人公は、サツマイモを食べて、おならをして遊ぶことが好きなお姫様にしました。

 サツマイモをたくさん食べると、おならが出やすくなりますので、サツマイモが好きで毎日のように食べているお姫様は、おなら遊びもできる、という設定です。

 画家の喜湯本のづみさんが、バランス良く思いを巡らせ、とても可愛らしくユーモアのあるお姫様を表現して描いてくださったので、とても嬉しく思います。

 私自身もサツマイモは大好きで、冬など焼き芋ばかり食べています。サツマイモは色々な食べ方ができて、スイートポテトにしたり、ケーキにしたり、カレーライスの中に入れたり、干し芋にしたり、天婦羅にしたり栄養価も高いようです。ちなみにサツマイモ生産量は、全国一位は鹿児島県、二位は茨城県、三位は千葉県だそうですよ。

 お姫様は、おなら遊びが好きなのですが、厳格な父親である王様は、おなら遊びを許してくれません。おなら遊びを禁止されたお姫様はみるみる元気がなくなってしまいます。

 私は、本を読むこと、映画を観ること、緑のキレイな場所へ行くこと、カレーライスを食べること、お風呂に入ることが好きなのですが、それらを禁止されたら、やっぱり元気がなくなってしまいます。

 どんなことであれ、自分の好きなものを大切にしてほしい、という思いも込めてこの絵本が出来上がりました。

 子どもから大人まで、ぜひ声に出して楽しんで読んでくださると幸いです。

(ありた・なお)●既刊に『あしたから1ねんせい』(きむらゆういち/さく)、『トイレこちゃん』(あさのますみ/作)など。

『おならひめ』"
新日本出版社
『おならひめ』
有田奈央・ぶん/喜湯本のづみ・え
本体1,400円