こどもの本

私の新刊
『瓶に入れた手紙』 伏見 操

(月刊「こどもの本」2019年7月号より)
伏見 操さん

すがすがしい本

 ヴァレリー・ゼナッティの本には、希望がある。圧倒的な不条理や辛い現実を描いても、それを甘さや一方向だけから見た正義でごまかすことなく、読み終わった時、遠く明るい空を見つめたような、すがすがしい気持ちにさせてくれる。わたしがヴァレリーの作品に惚れている、いちばんの理由は、そこにある。

 ヴァレリーは、大きな「信頼」を持つ作家だ。彼女は読者を信じている。信頼して、自分の心の奥から生まれ出たものや自分自身を手渡している。きっとヴァレリーは世界を信頼しているのだろう。彼女は、人間とその営み、それを取りかこむ世界、生き物、そのすべてが好きなのだ。子どもの本の訳者として、ヴァレリーの作品を通して、希望と信頼を読者に手渡せることは、本当に幸せだ。

 それにしても、この本を訳すのは大変だった。自分がどれほど、今、起きていることを知らないかを痛いほど感じた。あとがきを書くのに、そのための勉強時間も含めて、一年以上かかってしまった。なのにまだ、ほんの入り口に立てたかどうかさえ、自信がない。

 この本はパレスチナ問題を基軸にしているが、恥ずかしながら、わたしはずっとそれを、領土と宗教の問題なのだろう、世界史で習った「イギリスの三枚舌外交」のせいだろうと、漠然と思っていた。でも、少しでも真剣に歴史を読めば、根っこがそこにないことはすぐわかる。ヨーロッパ列強やアメリカなどの大国―つまり強者が、自分の利益ばかりを考えて、そのしわ寄せがすべて弱者に行き、パレスチナ人が翻弄されている。その状態を、周囲の無知と無関心が支えているのだ。そういう目で見ると、身近に同じ構図の問題がどれほど山積みになっていることか。それに気づき、愕然とした。パレスチナ問題は、今、世界が、わたしたちが、抱えている問題の縮図なのだ。

 本を訳すことにより、ただ読んでいるだけでは届かない、遠くの場所に連れて行ってもらえる。新しい世界に目を開かせてもらえる。しみじみ楽しい。

(ふしみ・みさを)●既訳書に『バイバイ、わたしの9さい!』『てをあげろ!』(ハムスターのビリーシリーズ)など。

『瓶に入れた手紙』"
文研出版
『瓶に入れた手紙』
ヴァレリー・ゼナッティ・作/伏見 操・訳
本体1、500円