こどもの本

私の新刊
『おばけれっしゃ』 しのだこうへい

(月刊「こどもの本」2019年4月号より)
しのだこうへいさん

おばけれっしゃに乗って

 息子のために作った小さな物語が、たくさんの幸運に恵まれて『どうぶつれっしゃ』として刊行されたのが三年前。これは、ライオンとかばが駅で列車を待っているけれど全然乗れない…そんなお話です。お話の最後にとんでもない駅に到着して終わるので、元のアフリカに帰る話を考えていて…「難しいなあ、おばけならいくらでも描けるのに…狼男で満員とか…あっ!」という訳であっという間に『おばけれっしゃ』のお話はうまれたのでした!

 人間を驚かそうと、人間界行きの列車を待つ骨のおばけと布のおばけ。駅には次々とおばけでいっぱいの列車が到着しますが、骨をかじられたり布が燃えたり、ちっとも乗れません。一生懸命に列車に乗ろうとするおばけたちの奮闘に(全然怖くない!)、おばけ嫌いの子供たちも笑ってもらえると思います。

 そうしているうちに地獄の霧が流れてきて、物語は不穏な雰囲気に。作者もこの辺で「そうだ、これはおばけの本だった」と気がついた次第。ちょっとドッキリするシーンを挟んで、ようやく乗った列車で着いたのは、ハロウィンのお祭りでおばけ姿の人間の町でした…! 最後はまた主人公のおばけたちといっしょになって、のんびりホッとしてもらえる絵本になっています。

 そして、そう、これはハロウィンのお話でもあるんです。日本のハロウィンは、海外から輸入されて、いろんなお店屋さんの思惑もあったはずなのに、いつの間にか日本独自の「変な格好をする日」になってしまってる…そういうの、いいと思うんです。だから絵本の中でも、日本のおばけたちも登場して、提灯みたいなのがぶらさがって、なんだか不思議な感じにしました。この絵本につられて、さらに自由なイベントになってくれたら面白いなあ。

 また、感謝もこめて前作『どうぶつれっしゃ』そっくりのページも登場します。二冊並べてワイワイ楽しんでもらえたら最高です!

(しのだ・こうへい)●既刊に『どうぶつれっしゃ』。

『おばけれっしゃ』"
ひさかたチャイルド
『おばけれっしゃ』
しのだこうへい・作・絵
本体1,300円