こどもの本

私の新刊
『あかずきんちゃん』 カトウシンジ

(月刊「こどもの本」2018年9月号より)
カトウシンジさん

赤ずきんちゃん×オオカミ…ふふふ

 実を言うと、僕は『赤ずきんちゃん』のステレオタイプな結末が、あまり好きではありません。ですから、自分が絵本を描くとしたら・赤ずきんちゃんとオオカミが友達になる・─そんな新たなエピローグを描きたい、と秘かに思っていました。

 僕が『赤ずきんちゃん』に関わった最初のキッカケは、雑貨用に描き起こしたイラストです。当時、「赤ずきんちゃん」や「オオカミ」などを数多く描いたんですね。結果、この「赤ずきんちゃんシリーズ」は大ヒットし、僕の代表作のひとつになりました。とりわけ、悪者のオオカミが「かわいい!」と世間から評価され、内心嬉しかったものです。

 僕は常日頃から、「ある事象に対して、皆が持っている共通認識は、本当に真実なのだろうか?」という疑問を持っています。デザイナーとしての観点は、いつもそこにあるんですね。「普遍的なモノの中に新しい種(価値)を植え付け、現代に合う作品をクリエイトする」─それが僕のライフワークです。

 本作で、一番現代風に変えたかった点は、主人公の「赤ずきんちゃん」そのものです。「赤ずきんちゃん」を通して、「自分を持った逞しい現代の少女像」を描きたかった。「もし自分に娘がいたら、こういう風に育ってほしい」という思いも込めています。

 一方、話が現代風な分、絵に関しては"手描きらしさ"に拘りました。ヨーロッパの雰囲気、空気感が十二分に伝わる─つまり絵の魅力で、読者を童話の夢世界に誘いたかったのです。読者がその世界観を旅するように楽しんでいただけたら、冥利に尽きますね。

 物語の前半から中盤は、「赤ずきんちゃん」と「オオカミ」の心の葛藤が、それぞれの語り口で進行していきます。読者はきっとどちらの気持にも寄り添える、と僕は思っています。なぜなら、人間は絶えず二面性を持った生き物ですから。

 果たして、「赤ずきんちゃん」と「オオカミ」はお互い理解し合えるでしょうか……? どうぞお手に取って確かめてみてください。

(かとう・しんじ)●既刊に『あこがれのチュチュ』『ポケットいっぱい』。

『あかずきんちゃん』"
出版ワークス
『あかずきんちゃん』
カトウシンジ・作
本体1、600円