こどもの本

私の新刊
『空飛ぶのらネコ探険隊 動物園をからにしろ!』 大原興三郎

(月刊「こどもの本」2018年7月号より)
大原興三郎さん

のら号 戦火の動物園へ

 風船で離陸。宙に浮いたら、バッとパラグライダーを開き、風をもらって翼をひねり自由自在に飛べる。二つの組み合わせは、理屈の上ではほんとうに空を飛べそうです。だけどクルーはネコたちだって でもそこはファンタジーの特権、目をつぶっていただいています。

 連作もはや五巻目、ネコたちは、とつぜんやってきた、怪しい老船長に誘い出されます。船はまるで幽霊船。なぜかブリッジには動物のぬいぐるみがいっぱい。

 やがて明かされるのは、動物園ひとつを丸ごと空っぽにすること。そこに待っていたのは、獣医でもある聖女、ファティマ。老船長のもつ使命と共鳴する。

 "戦争なんかする国に動物園はいらない!"

 その使命に深く関わっていたぬいぐるみたち。伏線いっぱいの物語に仕上がりました。

 のらネコたちは疑似ファミリーですが、血縁を越えた信頼でつながっています。もと図書館の賢者館長。のら号のキャプテンは、どんなピンチにも冷静沈着なクック。二ひきをとりまく五ひきのクルーたち。その行く先ざきには、いつも奇跡としか思えない出会いが待っていて。

 一巻目ではガラパゴスのゾウガメ、ひとりぼっちのジョージの子孫が。二巻目では象牙の密猟者と戦う母ゾウが。三巻目では密猟されて日本に売られたベンガルヤマネコの兄妹を、ふるさとインドの森まで連れ帰る旅で。四巻目の舞台はエジプト。王妃の墓を三千年も守り続けてきた神のネコ、バステト。いつも世界のどこかが舞台です。そしてこの五作目。

 いつもいつも拘るのは、ネコたちを困らせること。そんなこんなのエピソードが生まれたときの嬉しさといったら。われながら性格の悪さにあきれています。それ、わが家の黒ネコにうつってしまい、彼女もけっこう、ワルです。

(おおはら・こうざぶろう)●既刊に『海からきたイワン』『なぞのイースター島』『マンモスの夏』など。

『空飛ぶのらネコ探険隊
文溪堂
『空飛ぶのらネコ探険隊 動物園をからにしろ!』
大原興三郎・作
こぐれけんじろう・絵
本体1、300円