こどもの本

私の新刊
『たったひとつの君との約束~失恋修学旅行~』 みずのまい

(月刊「こどもの本」2018年6月号より)
みずのまいさん

小学生版韓流ドラマ

 児童書のヒロインは明るければいいってもんじゃない。流行にのれば売れるってもんでもない。

「たったひとつの君との約束」、略して「君約シリーズ」は私のそんな小さな二つの反骨精神から生まれました。

 小説界は、けっこうひねたりすねたりしているヒロインが多いのですが、最近の児童書は明るい女の子が主流です。たしかにあんまりうじうじしていると、読者はいらっときますしね。

 でも、子供のころ、みんな、そんなにも明るく健康的でさわやかでしたか? 子供って子供だからこそ、自虐的な部分もあったりしませんでしたか? 私の中のそんな想いもあり、主人公の前田未来が誕生しました。

 未来の初恋の相手ひかりは同じ学校ではなく、はなれた町に住んでいるので、お互いのやりとりは大体が手紙、文通です。

 これは私の中でちょっとした博打でした。メールを超えてラインが主流になりつつある時代に、文通が「ふる~い」ととられるか、「いつの時代でも共感できる」となるか、それは誰にも分かりません。

 けど、機械音痴でスマホからガラケーに戻した私にラインの描写なんか書けるはずがありません。ええい、と腹をくくったのを今でも覚えています。

 おかげさまで文通のシーンは奇跡的に人気となり、順調に巻を重ねておりますので、創作の神様&読者に感謝です!

 さらに、4巻『キモチ、伝えたいのに』5巻『失恋修学旅行』あたりから、新たなキーワードが入ってきました。主人公の母親の小さなヒミツです。どうも、ひかり君のお父さんとなにやらあるようで? こんな書き方をしてしまいますと、大人のみなさんは、昨年流行った大人のあの問題か? と考えてしまうかもしれませんが、もっと深く悲しいことかもしれませんよ! というわけで、小学生版切ない韓流ドラマ「君約シリーズ」、今後、嵐の予感です。

(みずの・まい)●既刊に『たったひとつの君との約束~また、会えるよね?~』『たったひとつの君との約束~はなれていても~』など。

『たったひとつの君との約束~失恋修学旅行~』"
集英社
『たったひとつの君との約束~失恋修学旅行~』
みずのまい・作
U35(うみこ)・絵
本体640円