こどもの本

私の新刊
『四重奏(カルテット)デイズ』 横田明子

(月刊「こどもの本」2018年2月号より)
横田明子さん

物語の力を信じて

『四重奏(カルテット)デイズ』は、タイトルも示す通り、音楽をテーマとした物語です。

 四歳からピアノを習っている主人公・タカくんと、その幼なじみの光平と彩音。そして、ドイツからの転校生マイちゃん。小学六年生の四人が、日々の中でそれぞれに紡ぎ織りなしていく「音色」を描きだしたいと思いました。

 キーワードは「音苦(おんく)」。

 辞書にも載っていませんが、実は私が昔、小学生の頃に習っていたピアノの先生から言われた言葉です。

 練習もろくにしてこない生徒に、先生は呆れたにちがいありません。

「あなたのピアノは、ちっとも楽しそうに聞こえないわ。音楽の反対だから音苦ね」

 今にして思えば、実にうまい表現だと感心してしまいますが、この一語は、なぜかずうっと頭から離れず、私にある思いを抱かせるようになりました。

 あの頃は、どうしてちゃんと練習しなかったんだろう。もっとピアノを弾きたいと思わなかったんだろう。

 それが長い時間をかけて積み重なったのでしょうか。ある時不意に、私と同じ思いを持った男の子が、胸の隅から顔を出したのです。そこで、その子に「タカくん」と名づけました。

 彼が、なんとなく続けていたピアノが、やがてかけがえのないものになっていくまでの過程は、もちろん、簡単なものではありませんでした。

 書いていくうちに、タカくんたちが、自分の進む道をさぐろうともがく様子を、夢の中で私は何度も見ました。登場人物は、私のもとを抜けだし、物語の中で、リアルに動き始め、命を宿していったのです。

「ピアノって、音楽って、だれかと分け合わなきゃもったいない。だから、音が出る。響くんだもんね」

 マイちゃんが、タカくんに言った言葉です。

 同じように、物語が奏でる力を信じながら書きあげたこの一作が、読んでくれただれかの心に響いて届いてくれるなら、こんなにうれしいことはありません。

(よこた・あきこ)●既刊に『ば、い、お、り、ん』『「遺伝子組みかえ」だいさくせん』『カホのいれかわり大パニック』など。

『四重奏(カルテット)デイズ』
岩崎書店
『四重奏(カルテット)デイズ』
横田明子・作
本体1、400円