こどもの本

私の新刊
『すまーとぞうさん』 赤川 明

(月刊「こどもの本」2018年1月号より)
赤川 明さん

ラクガキは楽しい!

 僕は普通、ラクガキをしながらお話を創っていきます。『すまーとぞうさん』も、そうでした。何げなく描いたラクガキの中に、”足の細長いぞう”がいたのです。「これ、面白いかも…」心がちょっと動きました。

 それからは、”足の細長いぞう”のラクガキです。足をもっと伸ばしてみたり、縮めてみたり、渦巻きにしてみたり、波線にしてみたり…ラクガキをしながら探っていきます。すると、「細長い足なら、きっと絡まり易いだろうな…絡まっちゃったらどうなるのだろう?」なんて発想が出てきました。

”足の絡まるぞう…”変です。相当変です。この「変だな」「おかしいな」という感覚は、僕の好物です。僕の心はどんどん動いて、このぞうに集中していくのです。そして、「絡まった足をほどいてやろう」と、やっぱり自分も細長い体のへびやらりゅうなどが出てきました。自身細長いということが、なんとなく説得力がある気がするからです。その内、「何処かが細長けりゃいいや!」とばかりに、しっぽの長いさるや、首の長いだちょうも御登場です。

 ラクガキをしながら、いろいろ出てきて僕の心も盛り上がって…そして思いました。「こいつらみんな、なんてお節介で、なんてお目出度くて、なんてあったかいのだろう!」僕はひたすらわくわくしているのです。

 でもちょっとは理性を働かせます。このお話のぞうは、足が細長いために絡まってしまうけれども、それを”困る”とは、したくありませんでした。”楽しむ”にしたいと思いました。

 ひとつのお話としてまとめる作業には、いつも苦労します。”変”であっても”破綻”しないように、そのギリギリのところ…。編集者との話し合いの中でどうにか創っていきます。

 僕の絵本は基本、面白ければいいと思っています。子供が僕の絵本を読んで、大笑いして、その気分のまま外にでも出て、元気に遊んでくれたらいいんじゃないのかなぁ…なんて思っています。

(あかがわ・あきら)●既刊に『おとなりはそら』『かあーっこいい!』『たこしんごう』など。

『すまーとぞうさん』
文研出版
『すまーとぞうさん』
赤川 明・作・絵
本体1、300円