こどもの本

私の新刊
『オムレツ屋のベビードレス』 西村友里

(月刊「こどもの本」2017年10月号より)
西村友里さん

命は当たり前じゃない

 フライパンでバターが溶けて、キツネ色になりかけたときの匂い。

 そこに卵をジュワーッと流しこんで作るふわふわのオムレツ。

 レストランを舞台にしようと決めたとき、すぐに浮かんだ名前が「オムレツ屋」でした。

 おいしいものは、人を優しい気持ちにするはず。その中でなら、心に何かを抱えた子ども達だって、自分の生き方を見つけられるはず。

 そして生まれたのが、シリーズ前作『オムレツ屋へようこそ!』でした。尚子、和也、敏也の三人は、人の優しさに囲まれて、成長します。

 今回、『オムレツ屋のベビードレス』でこの子達が向き合うのは、命。

 なんと、和也と敏也の母親明子に赤ちゃんができたのです。命の誕生にどう向き合えばいいのかとまどう和也達。

 一方、尚子の破天荒な母親悠香は、尚子の目の前で、暴れ馬にまたがって走り出します。もし、落ちたら、もし母さんが死んだらどうしよう。尚子は夢中で後を追いかけます。ところが、この悠香も旅先で命のはかなさを体験していたのです。

 今の子ども達の多くは、パッと消えてポコッと再生するゲームのキャラクターに囲まれています。一方で、身近な誕生や死を経験することは、少なくなっています。

 考えてみれば、大人だって機会がなければ、命について考えることは、そんなにありません。

「生きていて当たり前」になっていませんか。

 悠香はいいます。

「人が生きているのは、当たり前じゃなかったんだ。」

 明子は祈ります。

「命だけは、命だけは、助けて下さい。」

 命ってなくなることもあるんです。だから、かけがえのない大切なものなんです。

 子ども達が、気づいてくれたらうれしいなと思ってこの作品を書きました。

(にしむら・ゆり)●既刊に『いちごケーキはピアニッシモで』『きらきらシャワー』『占い屋敷のプラネタリウム』など。

『オムレツ屋のベビードレス』
国土社
『オムレツ屋のベビードレス』
西村友里・作
鈴木びんこ・絵
本体1、300円