こどもの本

私の新刊
『マーサとリーサ 花屋さんのお店づくり、手伝います!』   たかおかゆみこ

(月刊「こどもの本」2017年3月号より)
たかおかゆみこさん

ステキなふたごがお悩み解決!

 自宅から三十分ほど車を走らせると、瀬戸内海に面したこぢんまりとした港にでます。四国にわたる大きな橋ができて以来、いささか活気のうすれた感のある港ではありますが、晴れの日の多い温暖な気候と、ちいさな島々がぽんぽんとうかぶ青い海は、地中海のそれを彷彿とさせます。

 むかしから慣れ親しんだこの港町と、写真でしか見たことのない遠い外国の港町のイメージがあわさって、ふたごの姉妹マーサとリーサが住む港町になりました。

 冒険家のお父さんとの旅暮らしのおかげでDIYが大得意のふたごが、港町のひとびとの心にあたたかな風を巻きおこしていく「マーサとリーサ」シリーズも、このたび三冊目を出させていただくことになりました。読み物ではありますが、お話がすすむ中で、ふたごの手によるちょっとした小物の作り方を紹介しているのも、このシリーズの特長です。

 ちいさな読者から届く「つくったよ!」という声は何にもましてうれしいものです。わが家の娘も小学生のときから工作が大好きなのですが、こどもたちの創作熱はいつも突然で、はやくしないと急にしぼんでしまいます。この本の中でも、紹介するDIY工作は、できるだけ身近ですぐに材料のそろうものをこころがけています。

「ステキなふたごが港町のひとびとのお悩み解決!」というテーマを描く一方で、現実の悩みはそうたちどころに消えるものばかりではありません。それはこどもの世界でも同じです。

 それでも、この本を手にとってくれたこどもたちが、空きビンにリボンをむすんで、ふだんは見過ごす道端の小さな草花を入れてかざってみたら、なんとなく世界がちがって見えることもある、ということを感じてくれたら、こんなにうれしいことはありません。

 絵を描く前にロケハンにでかけると、浜辺や岩場のかげにマーサとリーサが見えかくれします。そんな、本の中のもうひとつの世界を共有してくれる読者の存在は、わたしの宝物なのです。

(たかおかゆみこ)●既刊の挿絵作品に『エレベーターは秘密のとびら』『学校の鏡は秘密のとびら?』(以上、三野誠子/作)など。

「マーサとリーサ 花屋さんのお店づくり、手伝います!」
岩崎書店
『マーサとリーサ 花屋さんのお店づくり、手伝います!』
たかおかゆみこ・作・絵
本体1、200円