こどもの本

私がつくった本75
大日本図書 山本陽子

(月刊「こどもの本」2017年2月号より)
「こころのほんばこ」シリーズ(既5巻)

「こころのほんばこ」シリーズ(既5巻)
小宮 由/訳
2015年11月~

 翻訳家の小宮由さんから、海外の原書を預かりました。それは、黒いぶちのある白い犬がかけまわって奮闘したり、ちびっこが一人でまぬけなギャングと対決したり、土でつくった人形が何でもかんでものみこんでしまったり、楽しいお話ばかりでした。これは、本にしたい! 子どもたちも、私と同じように、いや、私以上に、ワクワクしながら登場人物と心を重ね、色々な体験をするはず。ここから、「こころのほんばこ」シリーズは、スタートしました。

 そして、このシリーズの肝は、「子どもたちは、本を通して、うれしいこと、悲しいこと、苦しいことを我がことのように体験し、その体験を・こころのほんばこ・にたくさん蓄えてほしい。その積み重ねこそが、友達の気持ちを想像したり、喜びをわかちあったり、つらいことがあっても乗り越える力になるはず」という小宮さんの願いです。そのような体験ができる本を、厳選していただきました。

 ただ、どれも発行年が古い本でしたので、権利者の確定が難しいのです。限られた時間の中で冷や汗をかくこともありましたが、ねばりづよく確認をしてもらい、なんとか五冊を契約にこぎつけた時は、喜びもひとしおでした。

 低学年の子どもたちが読みやすいように、文字の大きさやイラストの配置も考えました。かといって、平易な日本語を使うということではなく、訳は、その物語の真にせまる研ぎ澄まされたものでしたので、お話の楽しさや深みは少しも損なわれることはなく、登場人物が生き生きと動き出すものでした。

 また、原書は英文なので横書きなのに対し、このシリーズは、前述の意図から縦書きに変更します。原書のすばらしさを再現できるように、デザイナーさんとも、何度もやりとりをしました。おかげで、著作権者からは、「大変すばらしい」という言葉をいただき、心底ほっとしました。

 二〇一六年三月の時点で五冊を刊行し、うれしい感想をたくさんいただいたので、二〇一七年一月より、第二弾の刊行が決まりました。『おしろのばん人とガレスピー』(B・エルキン/文、J・ドーハーティ/絵)『サンタクロースのはるやすみ』(R ・デュボアザン/文・絵)『たんけんクラブ シークレット・スリー』(M・マイリック/文、A・ローベル/絵)と続きます。これらも、ユーモアあり、智恵や気づきあり、あたたかさとやさしさがある、子どもたちが・こころのほんばこ・に入れるのにぴったりな三冊です。もちろん、大人も楽しめますよ!ぜひ、読んで、子どもたちに手渡していただけたらうれしいです。