こどもの本

私がつくった本74
あすなろ書房 山浦真一

(月刊「こどもの本」2016年11月号より)
A Child is Born 赤ちゃんの誕生

A Child is Born 赤ちゃんの誕生
レナルト・ニルソン/写真、ラーシュ・ハンベルイェル/解説、楠田聡・小川正樹/訳
2016年3月刊行

 若き日、写真を志し、カメラマンに弟子入りした。月給は三万円。ちょっと夜間の写真学校に行っただけの素人だったのに、なんでもできるふりをしていたから、壮絶な毎日だった。結局、写真の道はあきらめたが、今でも写真は気になるし、よい写真、美しい写真は素通りできない。
 そんなこともあり、実は弊社のロングセラーには写真ものが多い。『ひとしずくの水』や『ちいさな労働者』。そして、写真絵本『赤ちゃんの誕生』。
 今回ご紹介するのは、『赤ちゃんの誕生』の完全版である。受精から出産までの九ヵ月に渡る胎児の成長をつぶさにたどる、世界一美しい生命誕生の本。写真絵本『赤ちゃんの誕生』がとても気に入っていたから、ぜひ親版も出版したかった。
 初版は一九六五年。その版はモノクロ中心だった。レナルト・ニルソンは、ツアイスやカール・シュトルツなどのレンズメーカーとともに、独自の撮影技術を生かせる機材を開発し、一九七五年に第二版を、その後、第三版、第四版と改訂版を刊行。二〇〇九年、「最終版」として第五版を出版した。
 実物を見て驚いた。今までの版とはまるで違う印象。医学書っぽさは皆無。文章量が大幅に減り、写真が物語の主役になっている! まるで写真絵本だ。
 二〇〇九年の十二月にさっそくオファーを出した。が、印税率は想定の約二倍。しかもコープロ(海外での共同印刷)が条件だという。
 大体私は、コープロはできるかぎり避ける主義だ。やはり印刷は日本のほうがいいと思うし、何より小回りが利かないのが困る。じっくり交渉すること五年。二〇一五年一月にようやく着地点がみつかり、契約を交わした。長い時間がかかった分、うれしさもひとしおだった。
 しかし、二二八ページ、オール四色刷のため、定価は当然高くなる。地道に売ろうと思っていた矢先、思いがけないできごとが! 女優の杏さんが、J‐WAVEで紹介してくださったのだ。それがヤフーニュースでもとりあげられたため、近年まれにみる大反響! 高額の本が、一時は、アマゾンでの売行が、総合六十七位までアップした。
 このとき、杏さんは双子を出産したばかり。妊娠中に本書を見て、今自分のお腹の中でこんなにスゴイことが……! と衝撃を受けたらしい。それがリスナーに伝わり、多くの人が興味をもってくださった。いろんな偶然が重なり、ラッキーな本になった。
 絵本版の『赤ちゃんの誕生』はご懐妊のお祝いに選んでくださる方も多く、一九九六年の刊行より版を重ね、ロングセラーに育った。判型は本書のほうが小さいが、写真そのものを味わうなら、よりアーティスティックなこちら、完全版がおすすめ。
 百聞は一見にしかず! である。