こどもの本

私の新刊
『大さわぎ! ばけもの芝居と白いねこ』 岩崎京子

(月刊「こどもの本」2016年8月号より)
岩崎京子さん

私の未知との遭遇

 週に一回ですが、文庫活動といって、近所の子どもたちと、本を読んだり、折紙をしたり、紙芝居をしたりしています。じつはこの子たちのいうこと、することをもらって、物語作りができないかなあというコンタン(下心?)もあったんですが、うまくいきません。
 今の子って、おしゃれでセンスも垢ぬけています。第一、名前からしてテレビタレントみたい。着てくるブラウスの衿はオーガンジーのひらひら。おまけにビーズのバラの刺繍がしてあったり……。「アナと雪の女王」とか「白雪姫」のようです。
 やぼなおばさんは、必死。アクセサリー作りなんかしたら、喜んでくれるかと、庭にジュズダマを植えました。秋、貝がらのような白灰色の実がなり、それを糸に通して首かざりや腕輪を作りました。やはり、だめ。子どもたちのセンスにあいません。
「じゃ、お母さんにプレゼントしよう」
「ええーっ、うちのママこんなやぼったいのしない」
 こういうずれで、私は書けなくなりました。
 私の子ども時代(戦前になります)を思い出し、物語作りをしてみましたが、これも受け入れてもらえません。
 そこで思い切って、二百年くらいバックしてみました。私にとって二百年未来と同じ。手さぐり、足さぐりで、未知の世界に入ってみました。そこで松あんちゃんや、おはなちゃん、貧乏神、見越しの入道をはじめとするばけものたちなんかに出会えました。
 時々、江戸切絵図を片手に、御徒町や下谷広小路を歩いていくと、家出した白いねこのおたまさんが歩いてくるんです。
 目下、私はこの江戸の町歩きを楽しんでいます。
 いろんな子ども、おかしな大人、ちょっと変わったばけものたち、へんな事件に出会えます。

(いわさき・きょうこ)
●既刊に『かさこじぞう』『建具職人の千太郎』『街道茶屋百年ばなし 熊の茶屋』など。
『大さわぎ! ばけもの芝居と白いねこ』

文溪堂
ばけもの長屋のおはなちゃん
『大さわぎ! ばけもの芝居と白いねこ』
岩崎京子・作
長谷川義史・絵
本体1、300円