こどもの本

私の新刊
『しんかいたんけん! マリンスノー』 山本 孝

(月刊「こどもの本」2016年8月号より)
山本 孝さん

深海おやすみ絵本…!?

「深海…」そう呟いた時から、全てが始まった。同時に彼女(担当編集者)の猛烈なプッシュも始まった…! いろいろな展示へのお誘い、水族館にも足を運んだ。次々と届く深海関係の資料で僕の書棚は埋めつくされた。
「やるしかない!」すっかり狭くなった仕事場を前に僕は覚悟を決めた。もともと深海の世界が大好きで「いつか深海の絵本を描いてみたい!」と企んでいた。
 そしていざ「描ける!!」となった時、前から考えていたある事を試したくなった。実は描いてみたいもう一つのテーマが秘かにあったのだ。「おやすみ絵本」…絵本作家なら、一度は描いてみたいテーマだ。どうせ描くなら面白い、ワクワクするようなおやすみ絵本を描きたい。この二つの思惑が結び付き、「深海おやすみ絵本」という〝けったい〟なテーマができあがった。この欲張りな考えは徐々に自分の首を絞めていった…。
 最初に三つのルールを決めた。
①ワクワクする男子絵本であること!
②海の深さと眠りの深さをうまく表現する!
③好きな深海魚(場所)は全部描く!
 ①は毎度のことなので大丈夫!
 ②は…兄弟が布団をかぶり深海探査艇マリンスノーに乗り込む。マリンスノーは暗闇をどんどん深く潜っていき、いつのまにか眠っている二人…。物語の最初と最後のイメージは既に浮かんでいた。②もなんとか大丈夫か…。
 ③が曲者だった…。描きたい深海魚、シーンがとにかく多過ぎた。しかし頁数は決まっている。生息深度の異なる深海魚を少ない見開きでどう表現するか…!? 割り振るのが大変だった。あれもこれも描きたい! 気持ちだけが焦ってなかなかまとまらない。何度もラフを描き直し、原画では深海の色に悩んだ。そんな苦悩と妄想を繰り返し三年…深海おやすみ絵本『しんかいたんけん! マリンスノー』が完成した!
 この絵本には僕の二つの思惑、そして深海への思いがたっぷり詰まっている。読んだってね~。

(やまもと・たかし)
●既刊に『おばけのきもだめし』『アブナイかえりみち』『学校ななふしぎ』など。
『しんかいたんけん! マリンスノー』

小峰書店
『しんかいたんけん! マリンスノー』
山本 孝・作
本体1、400円