こどもの本

私の新刊
『大江戸ヒーローズ!!』 奥山景布子

(月刊「こどもの本」2016年6月号より)
奥山景布子さん

語り継ぐ、人と歴史

 正直に言うと、創作活動を始めた頃は、自分が児童書を書くことになろうとは、全く考えていませんでした。
 でも、みらい文庫担当のIさんから「奥山さんは、世代を超えて渡したいものをたくさん持っているでしょう?」と言われて、目からうろこというか、大げさに言うと「ああこれは天命だ」ぐらいの発見がありました。
 以前は教員をしていたので、友人には今も教員が多いのですが、「ディズニーやグリムの物語はたくさん知っているのに、日本の歴史や物語を知らない子がかなりいる」との嘆きを時折聞きます。それはあまりにももったいない。歴史でも物語でも、日本にはおもしろい「お話」が本当にたくさんあります。それらに興味を持ってもらうきっかけにしてほしいと願いながら、お仕事をさせていただいています。
「読みたい本として〝伝記〟をあげるお子さんは少なくない」とIさんから教えてもらいました。ならば、一人の人物のお話だけでなく、歴史上の背景や、他の有名人物との関わりなども合わせて読める、欲張った本を作ろうということで、一冊で何人もの人生を知ることのできる「ヒーローズ!!」シリーズが始まりました。
 幸い、既刊の『戦国ヒーローズ!!』『幕末ヒーローズ!!』は、多くの読者を得られたようで、熱のこもった、時にイラストまで入った、うれしいお手紙が届きます。子どもたちの「誰々のこんなところが好き」をたくさん教えてもらったので、それを生かして、今度は江戸時代から七人を選びました。
 宮本武蔵、天草四郎、徳川光圀、大石内蔵助、大岡忠相、長谷川平蔵、大塩平八郎。これら『大江戸ヒーローズ!!』の顔ぶれは、大人にとっては、「時代劇」に出てくる人物としておなじみの面々です。RICCAさんが描いてくれた素敵なイラストを見ながら、読者の子どもたちが、ご両親や先生、おじいちゃんおばあちゃんなど、様々な世代の人と、感想を話し合って、楽しい時間を過ごしてくれたらうれしいなと、心から祈っています。

(おくやま・きょうこ)
●既刊に『千年前から人気作家!!清少納言と紫式部』『日本の神さまたちの物語 はじめての「古事記」』など。

『大江戸ヒーローズ!!宮本武蔵・大石内蔵助……信じる道を走りぬいた7人!』
集英社(みらい文庫)
伝記シリーズ
『大江戸ヒーローズ!! 宮本武蔵・大石内蔵助……信じる道を走りぬいた7人!』
奥山景布子・著 RICCA・絵
本体700円