こどもの本

『大津波のあとの生きものたち』 永幡嘉之

(月刊「こどもの本」2016年4月号より)
永幡嘉之さん

震災のあとで失ったもの

 今でも、「津波でいなくなった生きものはどうなりましたか」と尋ねられる。海岸の生きものは、わずかな例外を除き、津波をしたたかにくぐり抜けていた。そればかりか、空前の大繁栄を見せていた。農地の跡に水がたまってできた湿地には多数のトンボが飛び交い、マツが枯れた海岸林では、季節ごとに様々な花が咲き競っていた。
 だが、それらは数年ですべて姿を消した。復旧という名の前例のない大規模な土木工事、つまり人の手によって。
 本来の自然環境ならば、人が手をかけなくても、砂浜は砂浜のまま、林は林のままで続く。しかし、田畑のような人工環境では、農薬をまくなどの管理が必要になる。これまで、東北の海岸には、人手をかけなくとも存続する状態、つまり自律した生態系がある程度は保たれていた。それは間接的に農林漁業を支えてきた基盤でもある。さらに、風景や動植物、風などが人々の心に安らぎをもたらすことで、人々の生活を支える大きな要素にもなっていた。
 そうした生態系の価値は、すぐに金銭に置き換えられないため、財産とみなされない。防災の名のもとに造られる堤防や人工林は、人命と財産を守ることを前提にしていた。そして、津波跡は隅々まで重機により造成され、自然環境はほとんどが失われてしまった。
 私たちが工事計画の見直しを求めて奔走した津波の翌年頃には、「早く復旧を」という声ばかりが大きかった。五年が経ち、堤防や人工林の多くが出来上がった、今になってようやく「これでよかったのか」という声が上がり始めているが、ひとたび失われたものは二度と戻らない。生態系は、気候など土地の自然環境にあわせて、長い時間をかけて成り立ったもので、人の手によって作り出すことはできないのだ。
 今回は目先に必要なことに重きが置かれ、長期的に必要なことが置き去られた。失ったものの重さは、やがて浮かび上がるだろう。でも、気落ちする余裕はない。日本全国の海岸線を子どもたちの代まで残すために、東北での教訓を生かさねば。考える日々は続く。

(ながはた・よしゆき)
●既刊に『原発事故で、生きものたちに何がおこったか。』『巨大津波は生態系をどう変えたか』など。

『大津波のあとの生きものたち』
少年写真新聞社
『大津波のあとの生きものたち』
永幡嘉之・写真・文
本体1,400円