こどもの本

『だから走るんだ』 中川洋典

(月刊「こどもの本」2016年4月号より)
中川洋典さん

絵本のなかでフルマラソンを

 日々部屋に籠もって絵や文章をこねくり回している私が、運動をする機会と言えば、せいぜいストレッチぐらいでした。八年前、友人に久米島マラソンに誘われるまでは。
 仕方なく走り始め、自らの体力の無さに驚き、音を上げつつ、それでも走れる距離が少しずつ延びてゆく喜びに目覚めました。そして初めて出た久米島マラソンが十キロメートルの部でした。それから毎年十月の最終日曜日に参加するようになり、三年後には念願のフルマラソンの部に出場しました。恐る恐る走った四十二・一九五キロメートルでしたが、五時間弱かかってなんとかゴール! 完走メダルをかけてもらうとき、頭を下げた瞬間に、溜まっていた水がこぼれるように、一気に涙があふれ出てきたのです。「何なんだ、この涙は?」泣いている本人に泣く理由がわかっていないのに、一向に涙は止まりません。思いもよらない感情の発露に、我が事ながらびっくりしました。そのときから、フルマラソンを走る内容の絵本を作ってみたいと思い始め、二〇一五年十一月にでき上がったのが『だから走るんだ』です。
 マラソンブームと言われるほど多くの大会が日本全国にあります。大都会のメガサイズのマラソンレースも人気がありますが、私が描きたかったのは離島での小さくても手作り感あふれた、ローカル色が豊かなレースでした。
 この本を作っている最中は、お世話になった宿の大将や、食堂のご夫婦、レースの運営スタッフ、腰の低い町長、一緒に走った日本各地からやってきたランナーたちのことが想い出されて、胸のあたりが熱くなってばかり。そんな全身で感じたフルマラソンを走る魅力が、読者の皆さんに少しでも伝われば嬉しい限りです。
 この「こどもの本四月号」が出ている頃、私はたぶん十回目のフルマラソンを走り終えて、きっとヘトヘトになっていることでしょう(笑)。

(なかがわ・ひろのり)
●既刊に『焼き肉を食べる前に。』『そらから かいじゅうが ふってきた』『きいてるかい オルタ』など。

『だから走るんだ』
あかね書房
『だから走るんだ』
中川洋典・作
本体1、300円