こどもの本

私の新刊
『まねきねこがっこう』 きたあいり

(月刊「こどもの本」2016年2月号より)
きたあいりさん

招き猫から教わったこと

 幼い頃、祖母が連れて行ってくれた蕎麦屋さん。そのレジの横に、左手を上げた猫がちょこんと座っていた。
「この猫、なんで手を上げてるの?」
「これはね、招き猫と言って、幸福を招いてくれる猫なんだよ」
 これが、招き猫との最初の出会いだった。その後、大人になり、そんな記憶も薄れる中、たまたま駅前のうどん屋さんが閉店したことを聞いた。
「この店にもし招き猫がいたら、きっと潰れなかったのになぁ……」
 そう思った途端、招き猫の事が妙に気になり出した。調べてみると、愛知県に『招き猫ミュージアム』があると分かり、それこそ文字通り、招き猫達に招かれて、その地を訪れた。
 古くは江戸時代の物など、かなり年季の入った様々な招き猫達が、数千点、所狭しと並んでいた。
「私、招き猫の絵本が描きたいんです」
招き猫達が一斉に私を見た。そして、しばし沈黙の後、「描きたいものを描けばよい」そう言われた気がした。
「ありがとうございます!」
 そして帰宅後、一気に書き上げたのが『まねきねこがっこう』の話である。
 主人公の招き猫・にゃんきちは、仕事を怠けてばかり。ある夜、猫型の紙が飛んで来ると、足が勝手に動き出し、招き猫学校に辿り着く。そこで先生から「一人前にする為に、毎晩特訓だ!」と言われるが、またしてもやる気のないにゃんきち。しかし、「立派な招き猫になれば、次は本物の猫に生まれ変われる」と聞いて……。この先は絵本を読んでのお楽しみである。
 この絵本を制作する過程で、招き猫達から「努力は人を裏切らない」そして「信じる者は救われる」という事を教わった。招き猫に限らず、私自身も、やる気の出ない日があるかもしれない。そんな時こそ、招き猫の事を思い出し、また新たな創作活動に精を出していきたいと思っている。

●既刊に『おみくじ』『おしゃべりメニュー だれがいちばん?』など。

『まねきねこがっこう』
PHP研究所
『まねきねこがっこう』
きたあいり・作・絵
本体1、300円