こどもの本

私の新刊
『ぜったい くだものっこ』 たかどのほうこ

(月刊「こどもの本」2015年12月号より)
たかどのほうこさん

個性豊かな〈くだものっこ〉の日常

  ぽてっとした可愛い女の子はモモみたいだし、あごのしゃくれた細面の人はバナナみたい。毛の薄い痩せたおじいさんは、どう見てもサトイモ……。それに、ごろんとした夏ミカンがあれば、つい目鼻を描きたくなってしまう。野菜や果物って、何となく人間に似てますよね?
 そんな思いから生まれたのが、果物の子どもたちが主人公のこのお話です。みんなは〈青田くだもの店〉の店先から―つまりお店の商品なのです―朝、ちょこちょこ抜け出して学校に行ったあと、お店にもどらず、青田さんの家の一室にもうけられた学童保育〈くだものっこ〉に向かいます。学童を主催しているのは青田さん、ではなくて飼いねこのタマです。だって人間の目を隠れて存在する、こそこそした世界なのですから。
 生徒は、パイナップル、バナナ、ナシ、モモ、リンゴ、ミカン、キウイ、イチゴの八人。売れてしまうことも腐ってしまうこともけっしてないという、徹底的に現実離れしたこの子たちが繰り広げる、とても現実的な日常生活を描いたお話です。
 堂々と自慢してしまいますが、これはたいそう面白い本だと思います。何しろ絵が抜群! 文字で書いた世界を見えるようにして下さる、つちだのぶこさんのセンスには本当に驚かされます。人間みたいに暮らしてる果物の子どもたちって、そうか、つまりこんな感じだったのか! と、お話を書いた私が納得させられてしまうのです。本当にはいない子たちだなんて到底思えないほど、ひとりひとり、生き生きと個性的に描きだされ、可愛いったらないのです。
 この本では、イモ掘りに行ったり―親戚筋にあたるようなサツマイモを掘るなんてシュールすぎなのに、これがふしぎと自然―ウィーン少年合唱団の代わりを務めたりと、秋らしい生活が描かれます。でも、年を越え、季節を越えて学童はつづき、子どもたちは、ますます活躍しつづけます。〈くだものっこ〉のシリーズをどうぞお楽しみに!

(たかどのほうこ)
●既刊に『ルゥルゥおはなしして』『つんつくせんせいとかさじぞう』『おーばあちゃんはきらきら』など。

『ぜったい くだものっこ』
フレーベル館
『ぜったい くだものっこ』
たかどのほうこ・作
つちだのぶこ・絵
本体1、000円