展示会・お知らせ

展示会

第25回「日本絵本賞」受賞作品決定

会期:2020/7/15発表  

第25回「日本絵本賞」の最終選考会が6月25日に行われ、4点の受賞作品が下記のとおり決定いたしました。

 

■賞名■ 第25回日本絵本賞(主催:公益社団法人全国学校図書館協議会、協賛:一般社団法人松岡マジック・ブック・ヘリテージ)

 

■受賞作品■

<第25回日本絵本賞大賞>『くろいの』(田中清代/さく、偕成社)

<第25回日本絵本賞>『なまえのないねこ』(竹下文子/文、町田尚子/絵、小峰書店)

<第25回日本絵本賞>『金の鳥:ブルガリアのむかしばなし』(八百板洋子/文、さかたきよこ/絵、BL出版)

<第25回日本絵本賞>『ぱんつさん』(たなかひかる/作、ポプラ社)

 

■概要■

公益社団法人全国学校図書館協議会では、絵本芸術の普及、絵本読書の振興、絵本出版の発展に寄与することを目的として、優れた絵本を顕彰する「日本絵本賞」を1995年より実施しています。これは、1年間に日本で出版された絵本の中から、特に優れた絵本に「日本絵本賞大賞」、優れた絵本に「日本絵本賞」、翻訳絵本の優れた絵本に「日本絵本賞翻訳絵本賞」を授与するものです。また、読者の投票によって選ばれる「日本絵本賞読者賞」があります。

選考は、全国学校図書館協議会の絵本委員会(常設)において、全国学校図書館協議会図書選定で合格した新刊絵本の検討・評価を重ね、「日本絵本賞読者賞候補絵本」「日本絵本賞最終候補絵本」を選びます。次に、作家、画家、絵本研究者、美術評論家など、主催者が委嘱した最終選考委員により、最終選考会を行い、授賞を決定します。

なお、今回はリニューアルを図るため、「日本絵本賞読者賞」は休止。対象期間変更の移行期間として、2018年10月から2019年12月までに刊行された絵本の中から、全国SLA選定委員会で選定された絵本1,165点(うち翻訳絵本344点)のうち、絵本委員会によって選ばれた「第25回日本絵本賞最終候補絵本」30点(うち翻訳絵本10点)が対象となりました。

 

■表彰■

受賞した作家、画家には賞状、盾および賞金を、出版社には賞状および盾を贈呈します。表彰式は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止とし、賞状、副賞は郵送または各受賞出版社に出向いて贈呈式を行う予定です。

 

■詳しくはこちら■

▽『学校図書館速報版』7月15日号および全国SLAのWebサイト(https://www.j-sla.or.jp/

 

学校図書館および読書に関する資料として、学校図書館関係者、教育関係者だけではなく、広く提供し絵本読書の普及を図ります。

当会選定の「2020えほん50」「第25回日本絵本賞最終候補絵本」とともに、1年間に出版された絵本の中から厳選した特に優れた絵本として、広くお知らせくださいますようお願いします。

 

●「2020えほん50」―全国学校図書館協議会 絵本委員会選定

去年1年間に刊行された絵本(今回のみ移行期間として1年3か月間)の中から、テーマ、ジャンル、程度さまざまな観点から50冊の絵本を厳選しました。

https://www.j-sla.or.jp/recommend/ehon50.html

 

 

●第25回日本絵本賞最終候補絵本30点ノミネート

「2020えほん50」中から、1年間を代表する特に優れた絵本として、第25回「日本絵本賞最終候補絵本」30点をノミネート。

このたび、第25回日本絵本賞受賞作品が決定しました。

https://www.j-sla.or.jp/news/cn/en/24-5.html

 

 全国学校図書館協議会